今日は「こども商店街」というイベントに

仕事の対応で一日参加してきました。

 

黒崎こども商店街は、

こどもたちが実際のお店に参加しながら、

お仕事や買い物を体験するイベントです。

 

おとなの仕事を体験し、

ふれてみる事で主体性や協調性を引き出し、

その経験や体験から、

こどもたちの夢を応援するイベントです。

ゆめをそだてる★黒崎こども商店街2015 | 公式サイトより

 

定番の食べ物屋さんだけでなく、

看護士や銀行員といった仕事も

体験できるとあって、雨模様の中

多くの子どもたちで賑わっていました。

 

一日子どもたちの様子を見守りながら、

 

「こういう機会がもっと増えれば

 日本の未来はきっと明るくなるはず!」

 

と心の中でふつふつとイメージが湧いてきたのです。

 

その理由は主に以下の3つ 。

 

1.未来の働くイメージが明確になる

普段家事のお手伝い程度していたとしても、

仕事の大変さを知るきっかけがなかなかありません。

 

本で学んだり授業で先生から話を聴くよりも、

自分自身で関わることに大きな意義があるのです。

 

私自身、小学生のときにこういった場があれば

学校の進路選びやキャリアイメージが

少なからず変わったと思います。

 

2.子どもの学習モチベーション向上

子どもが仕事をする大変さや意義を知ることによって、

親に対して尊敬の念を抱くことにつながります。

「働くお父さんやお母さんは、こんな大変な思いを

 しながらお金を稼いでいるんだなー」と。

 

また、仕事をするにあたって勉強の必要性に直面する

ことで、学習に対して自分から積極的に取り組むことが

期待できます。

 

3.地域店舗のブランディング向上

副次的な効果ですが、こうした機会で

外から家族連れを呼ぶことによって、

お店や仕事が広く知られるようになります。

 

その一部の人が、お客さんになったり

一緒に働く未来のチームメンバーになる

かもしれない訳です。

 

今回のような企画、

いろんな場で広まってほしいですね。

 

子どもたちもきっと喜ぶはずです。

f:id:work-shift:20151115000517j:plain