だいたい見開きごとに書いている一言感想です。一緒に読めば追って実感できるはずです。是非、一緒に読みましょう。
ハイキュー・ドット・コム…5話まで読めるって、ほぼコミックス1巻分なのだけど…。太っ腹すぎない?影山さんが悔しそうなのは、ブロックに飛べなかった、或いは、フェイントをかけられたから?

ダイジェスト。『ぺち』は、結構、効くのね。。。充分に前後関係が分かるから、ダイジェストでも楽しめる。

東峰さんは、社会人扱いされているのか…。なんだかんだで、烏野も4人連携をしておりますね。囮の時点で、3人連携か…。大地さんも総合力高そう。

デュースか…。ソフトテニスやってた頃を思い出すな。この辺りの説明も、競技理解には必要な部分で、地味な部分に思えるけど、最低限のドラマ性演出を感じる。

ダイレクトスパイクも凄いけど、レシーブの方に重点が置かれている演出に思える。ここがハイキュー!!の作品性か…。

素晴らしいシーン。そして、成長と進化を感じる。ハイキュー!!の面白さは、面白さが分かりやすい部分だと思う。

ヤバイ、めちゃくちゃカッケー…。コート競技特有の落したら『死ぬ』幹事がスゴイ出ている…。

すごいな…。ここを見せ場にしているのは、真っ当にスポーツマンガしている感じがする。すごい。

うーむ。サワヤカだ…。「もう1回」が若干、エロいけど(違う)。非常に練習試合している感じがする。全国の舞台が、ストーリーが目指していくところかな?